植物性

プラセンタの種類に関して

プラセンタには人間のもの以外には何の種類があるのでしょう。
種類と違いをご紹介いたします。
http://www.hooping.tv/ap.htmlにもかいてあるように、馬、羊、豚、植物性のものがあります。

馬のプラセンタは管理状況がいいことや一年に一回の出産するということ、絶対数が少ないために、非常に貴重とされています。
馬の場合はアミノ酸が他の動物などと比べると役300倍も含有されていることが特徴で、健康面で有効なことからも人気が高い商品です。
その生産数の少なさから、少し値が張るものですが、効果を得るには最高の商品です。

羊のプラセンタは病気をしにくく、手に入れやすいため標準的な価格になっています。
馬や豚と比べると特筆することのないものですが、一番違うところはその成分が一番人間に近いというところです。
そのため、アレルギーを起こしにくくなっており、体質的に摂取が厳しいかもしれない方でも大丈夫であることが多い商品です。

豚のプラセンタは、一度の出産で十頭ほど出産するために手入れやすく、一番安価に手に入れることが出来る商品です。
しかし、豚は病気にかかりやすいこともあり、ワクチンなどの薬を投与されることが他の動物と比べ多く、質が落ちてしまいます。

最後に植物です。
これは動物と違い、有効成分はほとんど含まれていません。
そのため、ちょっとした美容効果を得るためにサプリとして摂取するくらいの商品です。

このように原料によって品質に差がありますので、プラセンタ製品http://www.hottokenai.jp/nutukataberuka.htmlを試す際には原料が何なのかを確認してから選ぶことをおすすめします。



このページの先頭へ